音楽コラム

楽器の練習におすすめの場所は?自宅でできる騒音対策も解説

「楽器の練習がしたいけど、家で練習すると怒られそう…」
「できるだけお金をかけずに楽器の練習できる場所ないかな?」

楽器の練習をしたいと思っているけど、上記のような悩みを抱えている方は多いです。

マンションやアパートに住んでいると楽器の練習ができなくて困りますよね。

そこで今回の記事では、楽器の練習におすすめの場所について紹介します。

楽器の練習場所を探している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

イチオシの音楽教室
体験レッスンが無料!
ピアノ・ギターなど24種類の楽器レッスンに対応
200種類以上のスタジオを選べる
おすすめ度
月額料金 3,636円〜
レッスン 対面orオンライン(マンツーマン)
無料体験 無料で開催中!

>>無料体験

楽器の練習におすすめの場所

さっそく楽器の練習におすすめの場所を紹介します。

具体的におすすめの場所は以下の通りです。

  • カラオケルーム
  • 車の中
  • 公園や河原・土手など
  • 公共施設の音楽スタジオ
  • 楽器練習用の音楽スタジオ
  • 楽器練習に対応しているレンタルスペース

これらの場所のメリットやデメリットなど、詳しく解説します!

カラオケルーム

カラオケに行くと、一人で楽器を持ってきている人を見たことありませんか?

カラオケルームは楽器の練習場所として有名ですね。

音楽スタジオをレンタルするよりも安く済んだり、飲み物が飲めたりするメリットがあります。

ただカラオケルームによっては、楽器持ち込みNGとしているところもあるので、事前に調べるのがおすすめです。

またカラオケルームであれば、夜中までやっていることがあるため、長時間の練習にも向いています。

狭いのがデメリットなので、できるだけ小さな楽器の練習をしたい方におすすめです。

車の中

自分の車を持っているなら、車の中で練習するのもおすすめです。

ただ都心部で練習していると、うるさくてクレームが入るかもしれないので注意!

都心部から離れて練習すれば問題ないですね。

ただやはり車の中は小さいので、大きい楽器には向いていません。

また体勢も悪くなってしまうので、かなり疲れます…。

公園や河原・土手など

楽器の練習場所に費用をかけたくないのであれば、公園や河原・土手のような広い場所で練習するのがおすすめです。

近くにマンションやアパートがないのであれば、気にせず楽器の演奏ができますね。

外で練習することになるため、楽器が汚れてしまったり急に雨に降られてしまったりする可能性がある点がデメリットです。

特に木管楽器の練習をしたい場合には、気を付けなければなりません。

ただ無料で練習できる場所を探しているのであれば、非常におすすめなのでぜひ公園や河原・土手などに行ってみてください。

公共施設の音楽スタジオ

公営の音楽スタジオであれば、破格の料金で利用できることが多いです。

1時間スタジオを利用しても数百円なので、かなり安いですね。

費用を抑えつつ、音楽スタジオで練習したい方には非常におすすめです。

ただ、公営の音楽スタジオをレンタルする場合には、その市や区に住んでいる必要があります。

自分が住んでいる地域のスタジオがどこにあるのか、事前に確認しておくといいでしょう。

また安いがゆえに、予約がすぐに埋まってしまうことも…。

できるだけ早い段階で予約しておくのがおすすめです!

楽器練習用の音楽スタジオ

公営の音楽スタジオがあれば、民営の音楽スタジオもあります。

楽器練習に特化した民営の音楽スタジオもおすすめです。

ただ公営の音楽スタジオと比較すると、費用が高くなりやすいのでお金をかけたくないのであればおすすめできません。

しかしお金がかかる分、スタジオの質は非常に良いです。

アンプやスピーカー、ドラムのような大型楽器は常備されていることが多く、自分の持ち物を最小限に抑えられるのがメリット。

レコーディングをしたい時にも非常におすすめですね。

本格的な練習をしたい場合には、楽器練習に特化した民営の音楽スタジオの利用も検討しましょう。

楽器練習に対応しているレンタルスペース

楽器の練習に特化しているわけではありませんが、楽器の練習に対応しているレンタルスペースもあります。

レンタルスペースとは、マンションの一室などをレンタルできるようにしている場所です。

防音設備が整っていたり、テレビを使用できたりと、いろいろな使用方法があります。

楽器練習用の音楽スタジオと比較すると、お金がかからないのがメリットですね。

楽器レンタルができるレンタルスペースもあるので、探してみるのがおすすめです!

楽器練習におすすめのレンタルスペース

  • 島村楽器
  • オトレン

楽器の練習を家ですることはできる?騒音対策について解説

できれば楽器の練習を家でしたいと思いますよね。

そこで楽器の練習を家でできる方法についてまとめます。

  • 防音室を作る
  • 消音機能を使う
  • 楽器使用可の物件に住む

これらについてそれぞれ解説します。

防音室を作る

防音材を使うことで、防音室を作れます。

防音材を部屋中に貼ることによって、音を吸収してもらえるようになります。

それ以外にも、レンタル防音室を利用するのもおすすめ。

レンタル防音室は防音室をレンタルできるサービスです!

家の中に防音室を作るとなると非常にお金がかかってしまいます。

レンタルであれば比較的費用を抑えられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

消音機能を使う

楽器によっては、消音機能を使えることもあります。

キーボードやギター、ベースであれば、ヘッドフォンをつけることで消音にできますね。

弦の音やキーボードをたたく音は軽減できませんが、それでもかなり音を小さくできます!

管楽器の練習以外であれば有効なので、検討してみてください。

楽器使用可の物件に住む

いっその事、楽器使用可の物件に引っ越すのはいかがでしょうか!!

かなり暴論ですが、防音室を作ったりレンタルスペースを借りたりして細々とお金を使うより、楽器可の家に引っ越すほうが安くなるかもしれません。

引っ越しを検討されるタイミングだったら、一度検討してみてもいいかもですね!

【総評】楽器の練習におすすめの場所はレンタルスペース!

この記事では楽器の練習におすすめの場所を紹介しました!

もう一度、おすすめの場所をまとめておきます。

  • カラオケルーム
  • 車の中
  • 公園や河原・土手など
  • 公共施設の音楽スタジオ
  • 楽器練習用の音楽スタジオ
  • 楽器練習に対応しているレンタルスペース

レンタルスペースであれば、非常に安いのでおすすめですよ。

もちろんどれもおすすめなので、ぜひ練習場所の候補にしてみてくださいね。

おすすめ無料体験レッスン【PR】
椿音楽教室
MUZYX