音楽コラム

小学生が楽器の習い事を始めるなら何の楽器がいい?おすすめの音楽教室も紹介!

※この記事はPRを含みます

子どもが楽器を習う上で、何よりも大切なのは「楽しみながら学ぶこと」です。

プロを目指す場合は話が変わりますが、多くの場合、子どもたちには音楽の楽しさを知ってもらいたいですよね。

もし親が子どもに習い事を強制してしまったり、子どもが嫌がっているのに無理やり続けさせた場合、楽器を習うメリットを十分に感じられないかもしれません。

子ども自身が好きな曲を演奏したり、憧れのアーティストのマネをしてみることで、音楽をより好きになり、楽しく継続して学んでいくことができるでしょう。

この記事では、小学生が楽器の習い事を始めるなら何の楽器がいいのかを解説します!

これから子供の習い事を考えている方はぜひ参考にしてください。

イチオシの音楽教室
体験レッスンが無料!
ピアノ・ギターなど24種類の楽器レッスンに対応
200種類以上のスタジオを選べる
おすすめ度
月額料金 3,636円〜
レッスン 対面orオンライン(マンツーマン)
無料体験 無料で開催中!

>>無料体験

小学生が楽器の習い事を始めるなら何の楽器がいい?

小学生におすすめの楽器の習い事を解説します!

最終的には子供と話し合って決めるのがおすすめですが、人気の楽器を参考にしてみてくださいね。

ピアノ

ピアノの習い事は、多くの人が一度は考える人気の選択肢ですね!

昔習っていたという大人から、子供に習わせたいと考えている親御さんまで、ピアノに触れた経験のある方は多くいるはず。

ピアノは、鍵盤を押すだけで美しい音を出すことができる魅力あふれる楽器です。

初心者や音楽を初めてやる方にとっては、音を簡単に出せるのはハードルが低くなりますよね。

また最近ではクラシックだけでなく、最近ではゲームやアニメの音楽、流行りのポップス、ジャズなど、幅広いジャンルの曲を楽しむことができます。

音楽のジャンルを問わず、ピアノは表現の幅が広がる楽器なので、子供の興味に合わせてレパートリーを広げてみましょう!

ギター

ギターは多くの人が憧れる楽器の一つですよね。

エレキギターとアコースティックギター、どちらから始めるかで迷う方も多いと思います。

どちらにも魅力がありますが、始めるなら弦が柔らかく、音を出しやすいエレキギターがおすすめです。

特にロックやバンド音楽を好む方にはピッタリです。

また、小学生でギターが大きくて持ちにくいと感じるのであれば、ミニギターがありますよ。

小さなお子様でも手に取りやすく、楽しくレッスンを始められます。

最初の一歩を踏み出す際には、自分の好きな音楽ジャンルを考えながら、最適なギターを選んでみましょう。

ドラム

最近はドラム教室が注目されていますね。

年長さんからご年配の方まで、幅広い年齢層に人気のあるのがドラムです。

ポップスやロック、ジャズ、ブルースといった様々な音楽ジャンルで楽しむことができます。

流行の曲や洋楽の定番、アニメの音楽など、多彩な曲でレッスンをしてくれます。

未経験からスタートしても、練習を重ねることで憧れの曲を叩けるようになる生徒さんも多いです!

そして、ドラムと聞くと大きな楽器を思い浮かべるかもしれませんが、キッズ用のドラムやスティックがあるので、小さなお子様でも安心してレッスンを受けることが可能です。

バイオリン

ヴァイオリンは、その上品な響きで高貴さがありますね!

幅広い年齢層に支持されており、特に小さいお子様から始められることが特徴です。

最も小さいサイズであれば、2歳のお子様でも楽器を持てるサイズ感です!

フレットがないため、音感を磨くには最適の楽器と言えるでしょう。

テレビで見るような華麗な演奏に憧れる方も多いですね。

一見、女性に人気があるイメージがありますが、実際には男性の大人の方々もレッスンを受けていることが多く、性別を問わず愛されている楽器です。

ヴァイオリンの学びは、ただの演奏技術の向上に留まらず、豊かな音楽性と感性を育てる素晴らしい機会となりますよ。

小学生が楽器の習い事を始めるメリット

小学生が楽器の習い事を始めるメリットはたくさんあります。

ここでは、3つに絞ってメリットを紹介します!

音楽には論文でも研究されているくらい大きなメリットがあるとされているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脳の働きを活性化できる

幼少期から音楽に触れることで、子どもたちの脳の働きが活性化し、語彙力や知識力の向上につながるとされています。

脳が活性化する理由としては「音を聞き取る力」と「言語を聞き取る力」の間に脳内で強い関連性があると言われていますね。

さらに、楽器を習うことが運動能力の向上にも寄与するという研究結果が出ています。
(参考:楽器演奏のパフォーマンスを阻害する筋収縮

音楽や楽器演奏を通じて、子どもたちが多面的な能力を養えることは、メリットが大きいですね!

特に5~9歳の子供であれば効果が絶大になるともされているので、できるだけ早く音楽教室に通わせてあげるのが、今後の人生に大きな影響を与えるかもしれません。

協調性が身につく

楽器を習う大きなメリットの一つに、「協調性」が挙げられます。

特にオーケストラやバンドなど、複数の楽器が一緒に演奏する場合、他の楽器の音色やリズム、指揮者の指示に合わせながら自分の演奏を調整することが求められます。

この経験は、子どもたちが周りと協力しながら目標に向かって努力する「協調性」を身につける絶好の機会です。

子どもが楽器の習い事を始める際には、ピアノやヴァイオリン、ドラム、フルート、ギターなどさまざまな選択肢があります。

初めて楽器に触れる子どもには、リコーダーやカスタネットなど比較的簡単に始められる楽器からスタートするのも一つの方法です。

集中力を鍛えられる

楽器を習うメリットの一つに、圧倒的な「集中力」が身につくことがあります。

楽器演奏中の集中力は、他のどんな習い事でも体験することのできない、特別なものです。

楽器を演奏する際の集中力は、勉強や他の活動にも大きく役立ちます。

実際、多くの東京大学生が幼少期に何らかの楽器を習っていたというデータもあり、楽器演奏で鍛えられた集中力が学業成績に好影響を与える可能性があるとわかりますね。

子どもに楽器演奏をさせることは、将来に大きなメリットを与えられる投資とも考えられますね!

小学生が楽器の習い事を始めるなら音楽教室に通うのがおすすめ!

小学生が楽器の習い事を始めるなら音楽教室に通うのがおすすめです。

小学生が楽器を独学で勉強するにはかなりハードルが高いですからね…。

大人でも独学だと心が折れてしまう可能性があるので、音楽教室に通わせてあげるのがおすすめです!

ここでは実際に小学生にもおすすめの音楽教室を3つ紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

椿音楽教室

椿音楽教室
  • 全国200箇所以上のスタジオでいつでもどこでも受講可能
  • 20種類以上の楽器からレッスンが受けられる
  • レッスン教材なし!その人に合ったカリキュラムを提供
おすすめ度
対象楽器 ピアノ
声楽・ボーカル
バイオリン
チェロ
ヴィオラ
コントラバス
ギター
エレキギター
アコースティックギター
エレキベース
トランペット
トロンボーン
チューバ
ホルン
ユーフォニアム
フルート
サックス
クラリネット
オーボエ
ファゴット
ドラム
DTM
和楽器
三味線
ウクレレ
レッスン形式 マンツーマン・オンライン
レッスン回数 月1回~
月額料金 5,900円/1回
入会金 10,000円
所在地 全国200箇所以上のスタジオでどこでも受講可能
体験レッスン 無料体験レッスン有
発表会の有無

無料体験はこちら

MUZYX

muzyx
  • 定額通い放題の音楽教室
  • 複数の楽器レッスンを受けられる
  • セッション会やライブなどのイベントが豊富
おすすめ度
対象楽器 ギター
ベース
ドラム
レッスン形式 マンツーマン
レッスン回数 通い放題
月額料金 月額:9,800円~
入会金 無料
所在地 吉祥寺本店
御茶ノ水店
池袋店
中野店
立川店
体験レッスン あり
発表会の有無 あり

無料体験はこちら

EYS音楽教室

EYS音楽教室
  • 楽器が無料もらえるキャンペーンあり!
  • 講師はレッスン事に変更可能
  • オールフリー制or固定制+無料補講
おすすめ度
対象楽器 管楽器コース
弦楽器コース
ギター・ベースコース
打楽器コース
鍵盤楽器コース
和楽器・民族楽器コース
ボーカルコース
DJ・DTMコース
作曲・作詞コース
レッスン形式 マンツーマン・グループ
レッスン回数 月2回:1レッスン55分
月額料金 楽器:11,320円〜
入会金 13,000円
所在地 全国31か所
体験レッスン 無料体験レッスン有
発表会の有無

EYS音楽教室の無料体験レッスンはこちら

小学生で楽器の習い事を始めさせる際に気を付けるべきポイント

小学生で楽器の習い事を始めさせる際に気を付けるべきポイントを紹介します。

音楽教室に入会する前に確認しておかないと、入会後すぐに辞めることになったり後悔してしまったりと、嫌な思いをする可能性があります。

そのため事前に確認をしてから入会を検討してみましょう!

子供の興味がどのくらいあるのか

まずは、子供が楽器に対してどのくらい興味があるのか確認しておきましょう。

親が子供に楽器を習わせたいと思っていても、子供は習いたくないかもしれません。

無理やり楽器の習い事を始めさせたとしても、うまくいくことはないですね。

子供にいい影響を与えたいのであれば、子供が率先して音楽を習いたいという気持ちがないと難しいです。

そのため子供が音楽を習いたいと思っているのか、どのような楽器を習いたいのか、しっかりと聞いてみましょう!

音楽教室までの距離・通学時間

習い事を選ぶ際、教室の通いやすさも非常に重要なポイントです。

特に、ピアノのような一般的な楽器なら地元に複数の教室があるかもしれませんが、珍しい楽器を学ぶ場合は隣町まで行かなければいけないことも…。

遠方からの通学は、子供だけでなく保護者にとっても「毎週の送り迎えが大変」とストレスの原因になりがちです。

楽器の上達は継続的な学習にかかっていますから、アクセスの良さは習い事を長く続ける上で考える必要があります。

ぜひ教室を選ぶ際には、通学のしやすさも考慮に入れてみてくださいね。

音楽教室や楽器にかかる費用

習い事を始める際には、「費用の確認」が非常に重要です。

月謝の他に、楽器自体の購入費用を事前に把握しておく必要があります。

例えば、バイオリンのような楽器は、最初はレンタルで始めることも可能ですが、子供が熱中してくると「自分専用の楽器が欲しい」と考えるようになります。

その際、予想外の出費になることもありますので、購入に必要な費用もあらかじめ把握しておくことが大切です。

体験レッスンの際には、楽器の購入費用についても講師に質問してみましょう。

【総評】小学生が楽器の習い事を始めるならピアノやギターが人気!音楽教室に通おう!

小学生が楽器の習い事を始めるならピアノやギターが人気です。

ただ、無理やり楽器を習わせてもメリットは薄くなってしまいます。

そのため、子供と話し合って音楽教室に通うかどうかを決めましょう!

おすすめ無料体験レッスン【PR】
椿音楽教室
MUZYX